FC2ブログ

記事一覧

会う話をしても連絡が途絶えない方法は?

会いサイトで最も心配なことは「会う話をすると連絡が途絶える」こと。

しかしある点に注目して直すだけで、途端に会える人数が増えまくる!全然難しくない、誰でもできる「会いたい」と思わせる方法とは?

女が乗り気かそうじゃないか掴む

出会い系セフレを作るとき、ある程度メール交換をして、よしそろそろと思って会う話を持ちかける男性が多いと思います。

しかし、ここが一番難しいところで、あなたがそろそろと思っても相手にとっては「えっもう?」ということが多いんです。

もちろん女性のほうも誰かと出会いたいからこそ男とメールしているんですが、会う人はやっぱり厳選したいというワケ。この男女の時間感覚の差を掴めた男が、バンバンとセフレを量産しているのです。

いたずらに、メールの期間を長くすればいいというわけではありません。長くなればそれだけ両者に飽きがきて、せっかく繋がりがあったのに出会わないまま自然消滅なんてことにもなりかねません。

女は同じようにメールをしていても、気分が盛り上がっているときとそうでないときの波があります。気分が盛り上がっているときというのは初めの頃ですが、その頃はまだ同時に警戒心も強いので誘えません。となるといつが良いのか?

それは、ちょうどメールが日常化する「2週間目のはじめ~中盤」です。

1週間が終わり、2週目になると盛り上がりは落ち着きますが、安心感が出てきて、女性もそろそろ何か進展が欲しいと思い始める頃。この期間に上手く誘うことができれば出会い一直線です。

序盤にデートを想像させる話題を入れながら話す

最初に会う話をしてしまうと敬遠される、というのは確かです。会えれば誰でも良いんじゃないの、って思われかねませんからね。しかし、だからといってずっと会う話題を隠してメールをしていても、いつかは切り出さないといけません。

それなら、あくまでも少しずつですが序盤から会う話をビミョーに入れた会話をしていれば、「会うことが前提のメールなんだよ」ということが知らず知らずのうちに女性に刷り込まれます。

具体的には「ドライブが好きなんだけど、女の子乗せたことなくてさ」「引っ越したばっかであんまり美味しいお店知らなくて、○○さんおすすめありますか?」など、別に直接的にデートには誘ってないんだけど、会ったらこんな感じで楽しいよという想像をさせやすくするのです。

これをメールを始めた初日から次の日くらいの、本当に最初のほうだけに織り交ぜることによって、「これからメールを続けるということは、会う前提ということ」と無意識に自覚させることができるのです。
12_20180504165213ee9.jpg 
一番はやっぱり「会いたい!」と思わせる。

これは難しいようでいて、結構簡単というか単純なことです。

出会い系で出会うまでというのは、当たり前ですがメールやチャットなどネット上でのやりとりだけです。

男からすれば、メールから実際に会うために誘うという行為は、ある意味「付き合ってください」や「セフレになってください」と言うくらいの緊張感があるかもしれませんが、わざわざ会うためだけに男として見てもらう必要ってあるでしょうか?

そう、男は皆最初から男として見てもらおうとするから失敗しやすいのであって、メールの時点では「会ってみたら面白そう」と思われるだけでいいのです。

セフレになってもらいたいならなおさら、最初から男として見てもらうよりも友達から始めたほうが警戒されずに済みます。

女って仲良くなると、セフレ前提じゃなくても「身体目的だとは思わなかった!最低!」なんて言ってくる人は少ないんですよね。

だから最初はまず、どんな形でもいいので会いたいとおもってもらえるように、会ったときのことを楽しく話すくらいでちょうどいいんです。

本日は以上です
それでは、いい出会いを

コメント

コメントの投稿

非公開コメント